お料理が好き パンが好き 手作りが好き テーブルコーディネート 紅茶 ワイン 英語 勉強中       いつか好きをカタチに出来たらいいな・・

by zmayazm

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

6歳からの弱視治療④

最近子供の話ばかりでスミマセン。
夏休みは忙しく更新する心の余裕は無く、9月が始まってからもあれこれ用事が多くて。


今回もまた、目の話。
e0232773_220672.jpg


昨日は定期検診の日でした。

結果は

  〈矯正視力〉
右 0.6
左 0.6

前回はメガネを変えて視力が下がったので、少しだけ元に戻りました。
元々、効き目が左で、新しい眼鏡に帰る前までは左0.8くらいまで見えていたので、右が上がる分には変化は無いと言ってもいいかもしれませんが、原因不明で神経を自動的に切っている右目の視力は
2か月変化無しでした。


弱視治療は6歳までに開始しておく、という定説、7歳の壁、色々な事が頭をよぎります。


最初は、メガネをかければ半年位で普通の子たちと同じくらいの視力になるだろうと思っていた私でしたが、
実際は、視力の伸びって本当にゆっくりで、一歩進んだと面たら二歩下がったり、一歩も進まなかったり。


より良い治療を受けさせてあげたい!という思いで
毎月隣の隣の県までJRで2時間かけて通っています。


今の先生を信じようと思います。


検査結果では前回と同じ、両目とも矯正視力の差は変わらないのに、常に利き目だけで見ているそうで、
今後もアイパッチを続けるようにとの事でした。


近距離を計ってみると、

   〈矯正視力〉

右 0.4
左 0.5

と、前回より悪かったんですが、遠視だから近くが見えにくい、仕方ないと前向きにとらえました。


子供はその日の体調や気分で視力が変化します。
一喜一憂は無駄かもしれません。


ただ、少しずつ進歩していると信じ、やるべきことを実行するだけだなと思っています。



最後に。


盲目のお子さんを持つ母様のお話を聞かせていただく機会に恵まれ、
とても印象に残ったことがありました。


************

 目が見えないからそれが可愛そうとか、目が見えないからこれは分からないだろうとか、
 そういった事は自分の価値観の押し付けであると悟り健常者と同じように育てようと思った。

 実際目が見えなくても、花の香りや雰囲気や風や匂いや音や気配、人のざわめき、様々なもので感じ取り 
 楽しむことが出来る。そして、それを感じている本人はとてもそれを楽しんでいて全く不幸ではないという事。
 
 幸せの価値観を押し付けない。ハンディがあったって、”気の毒でも不幸”でもない、幸せは平等に掴める  もの。

*************


そういったお話を聞かせて頂いて、私が息子の目の事を自分が悪かったんじゃないかとか、将来の事を思うと少しだけ気の毒に思う事は逆に彼にとって失礼なんだなと確信しました。



だって、本人にとってはそれが普通。
メガネをかけて2m先が0.6見えてるんだもの。



今までは焦っていました。でも今日からは、考え方ががらりと変わりました。








次の定期検診は11月。
少し時間が空きますが、焦らず、無理をせず、サポートすべきことはやりながら見守りたいと思います。
[PR]
by zmayazm | 2012-09-16 03:03 | 6歳からの弱視治療 | Comments(0)

6歳からの弱視治療③

e0232773_112857.jpg


6歳を過ぎて始めた弱視治療も3か月を過ぎ、その間に病院を変え、メガネも作り直し
そろそろ結果が出始めてもいいのに、なかなかそうは行きません(^^;)


度を一度上げて作り直したメガネになってから、視力の伸びがストップしてしまい、むしろ
一段階後退してしまいました042.gif


       <矯正視力>
7月の検診→右・0.5
        左0.6(利き目)

8月の検診→右0.6
        左0.5(利き目)


でした。


遠視の度数が同じなのに、利き目でばかりものを見ている様で、立体視も出来ていませんでした。
どうなることやら・・・042.gif今日から6歳6か月です。


とりあえず先生を信じて、指示通り、アイパッチ訓練を続けていきたいです049.gif





今月の検診は再来週!ちょっとは視力が上がっていてほしいなぁ~
[PR]
by zmayazm | 2012-09-07 11:12 | 6歳からの弱視治療 | Comments(0)