お料理が好き パンが好き 手作りが好き テーブルコーディネート 紅茶 ワイン 英語 勉強中       いつか好きをカタチに出来たらいいな・・

by zmayazm

6歳からの弱視治療 ①

e0232773_2144396.jpg

少し気持ちの整理が出来たのでお話します。

小学校入学してからの健康診断で、視力の検査の判定がDで
専門機関での要検査という用紙を持ち帰ってきました。


私自身も、夫も目は良くて、幸いながらメガネもコンタクトも不要な生活をおくってきました。



それが逆に災いしてか、子供が絵本の読み聞かせに対し、集中力が続かない事やテレビに異様に近
づく事に少々の違和感は持ったものの、それが見えていなかったことが原因だなんて思っても
いませんでした。
それがうちの子の性格、性質なのだとも思ったりしました。

テレビに近付く子供は目が悪くなくとも多く、音が出る、興味があるものに子供は近づく
ものなのですが、私の子は、注意しなければテレビとの距離が20センチ位にピッタリ近づいて
見ていたのを今、思い返せばそれがシグナルだったんだと反省の気持ちでいっぱいです。


子供は普通に、「飛行機雲だ」とか、「電車だ」など、遠くのものに興味を持っていましたし、
反応は普通でした。
ただ、思い返せばそう、テレビに居ように近付く、絵本などの視覚的なものへの
集中力が続かない、それだけ。




今となっては後悔ばかりですが、

子供の弱視治療の限界は8歳までと言われており、通常、3歳~5歳までに治療をすべきと言われています。

私の子供は発見されたのが6歳3か月。
弱視治療のリミットを過ぎているか、ギリギリの所でのスタートです。


どこまで視力が伸びるか、限界までの挑戦です。


色々なハンデはありますが、少しでも子供の可能性に賭けてやるだけの事はしようと思っています。



今、これを読んでいる方に5歳までのお子さんがいらっしゃる方にお願いします。


子供の視力は3歳までに1.5から2.0まで成長し、その成長は6歳までの90%ほど完成してしまい、
8歳の終わりころまで若干緩やかに成長は続けるものの、10歳ころまでにはほぼ完全に視力の
成長は終了してしまいます。



どうか、お子さんの行動、目の動きなどで少しでも気になったことがあれば、
必ず「視能訓練士」がいる眼科に受診してください。
[PR]
by zmayazm | 2012-07-22 02:30 | 6歳からの弱視治療